サヴァン症候群 診断

絵画検査というものもあります。

サヴァン症候群の診断についてはどのような方法があるのでしょうか? 
アメリカ精神医学会や世界保健機構が設けている基準によって病院で診断されます。
サヴァン症候群、自閉症自己診断テストで判定するという方法もあるようですが、正式に病院で診断を受けるというのが確実です。
また、周りにいる家族がサヴァン症候群の人に対しての日常の接し方なども指導してくれます。
自閉症の検査方法・判断基準としては脳波と行動パターンを見ます。
また、絵画検査というのがあります。
患者に人物画を描いてもらい診断するというものです。
乳幼児だと、この上に発達診断が加わります。
乳幼児の場合、早期に診断されることが望ましく早期発見診断というものがあります。
自閉症の程度を測るものとして、自閉症スペクトラム指数というものがあります。
この指数を知ることで、自閉症を患っている人はどの程度の自閉症なのが、自閉症でない人は将来自閉症になるかもしれないということを知ることができます。
自閉症の合併症としては注意力散漫や発達障害などがあり、統合失調症の人の中に自閉症気味の人が多いです。
自閉症の程度を測るのに自閉症スペクトラム指数自己診断テストがあります。
ただし正確な診断は出来ないので、正確な診断を受けたいという人は、病院の精神科や精神神経科を受診されたほうがいいです。
自己診断テストでは、自閉症気味なのかどうか知ることは出来ますが、正確な判定は出来ません。

スポンサードリンク