サヴァン症候群 定義

通常では考えられないほどの特殊な能力を発揮する。

サヴァン症候群はどう定義されるのでしょうか?
辞書によると、重度の精神障害・知的障害を持っていながらも、ある特定の分野においては通常では考えられないほどの特殊な能力を発揮するとされています。 
サヴァン症候群であると定義づけるのには難しい部分があるようです。
それはどうしてかというと、健常者との境界線が曖昧でアスペルガー症候群なのか、本当に天才なのかどうか迷うところです。
まだ、サヴァン症候群は定義づけしやすいかもしれません。
何故かと言うと知的障害が伴うので普通の人が接してもわかりやすいです。
アスペルガー症候群と天才はどのように定義づけるといいでしょうか?
アスペルガー症候群は、知的障害が伴わないのです。
また、天才と呼ばれる人は自閉症の人が多いです。
サヴァン症候群もアスペルガー症候群も天才も自閉症というのは共通しています。
サヴァン症候群は、17世紀の後半にはダウン博士によって、「天才的な白痴」と称されてから現在では一般にサヴァン症候群と呼ばれるようになりました。
特殊な能力についても高い低いがあって人それぞれ症状が異なり、これといった位置づけはありませんが、例をあげるとすると、何日も後の曜日を瞬時に言い当てることが出来る能力や一度見ただけの風景を正確に絵に書くことができる能力、分厚い書籍の文章を一回読むだけで暗記できる能力などいづれも普通では考えられないほどの記憶力と再現力です。
どうして、このようなことが起こるのかというと、脳に何らかのダメージを受けていることは明らかです、
サヴァン症候群には言語障害などの知的障害があるのは確かなことです。
先天的な場合だと脳の発達障害、後天的な場合は交通事故などによって脳にダメージを受けた場合です。
病院での検査もそうですが、様々なことを総合して判断することが大事です。

 

スポンサードリンク