サヴァン症候群とは?

自閉症の一種です。

サヴァン症候群は自閉症の一種です。
ある特定の分野において特殊な能力を発揮するというものです。
自閉症の人は一般の人が当たり前のように行っている日常の行為を行うことはできません。
そのかわり一般の人が到底できないような優れた能力を発揮することができます。
たとえば一度見た風景を細部にわたって正確に絵を書けるという特殊な能力、何日も後の日付を言い当てることが出来る能力、長い桁の数字の計算を瞬時に行うことが出来る能力など。
また、音楽の分野でも突出しています。
一度も楽譜を読むことはしていないのに、一度聞いただけでその曲を弾くことができるというものです。
サヴァン症候群に似た自閉症の症状にアスペルガー症候群というのがありますが、サヴァンよりも自閉の症状は軽く言語障害など知的障害が伴わないので、見た目には普通の人と全然変わりません。
サヴァン症候群は言語障害があり、コミュニケーションをとるのにスムーズに行かないことも、その上見た目にもなんとなく自閉症っぽい感じがするので、サヴァン症候群ではとわかります。
サヴァン症候群で大事なことは脳の一部が機能していないことです。
そのために、一般の人にできることがサヴァンの人にはできないというようなことが起こります。
生活面や社会面において適応力は難しいです。
脳の一種の病気と捕らえてもおかしくないと思います。
卓越した能力といえばそうですが、どこが不思議な能力ともいえます。
一種の脳のミステリーともいえます。

スポンサードリンク