サヴァン症候群 アインシュタイン

アインシュタインはサヴァン症候群だった!

 

ある人によるとアインシュタインは、アスペルガー症候群では?と言っていますが、アインシュタインがサヴァン症候群ではなくアスペルガー症候群だというのが定説のようです。
つまり、知的障害が伴わない自閉症ということでしょう。
知的レベルが高く、9000冊の本を丸暗記できるほど記憶力にも優れていたようです。
彼の死後も専門家によって、彼についての研究がなされています。
実際に彼は5歳くらいまで会話することができず、人とコミュニケーションするのが苦手だったといいます。
自閉症もかなり強かったようです。
13歳ですでに高等教育の数学の問題をすらすらと解いていたといいます。
相対性理論など、歴史上偉大な業績を残した天才として名を残しています。
アインシュタインがサヴァン症候群といわれるのは自閉症だったためだと思われますが、実際にはっきりとはわかっていません。
サヴァン症候群のような症状があらわれるのは、脳に何らかの変化が生じたからです。
特に天才と呼ばれている人は右脳が発達しています。
と言うことは、右脳を鍛えれば、サヴァン、あるいはアスペルガー症候群のような天才的な脳を持つことができるということです。
右脳を発達させるのには、幼いころから鍛えられたもので、突然現れたことではありません。
アインシュタインについて、一般的に知られていることは、彼が数学の天才ということだけです。
アインシュタインが生前残した言葉によると、自分自身は天才でもなんでもないといっています。
ただひとつの問題に長い間向き合ってきただけだと。

スポンサードリンク