サヴァン症候 絵

しばしば素晴らしい絵を描きます

サヴァン症候群の人はしばしば素晴らしい絵を描きます。
普通の日常生活を送るのには困難が多いのですが、音楽や絵などの芸術の分野において人並み以上の能力を発揮します。
先天的に脳に発達障害がありサヴァン症候群のアメリカの少女,ナディアをご存知でしょうか?
脳に障害がありながら、天才並みの絵を描きます。
サヴァン症候群の人が芸術に出でるには、右脳が発達していることにあります。
ダメージを受けた左脳を右脳が補おうとして、このようなことが起こるようです。
彼女は5歳のときたったの3歳児の知能しか持ち合わせていませんでした。
そして8歳までは全く言葉を話すことができなかったのです。
IQも50前後しか持ち合わせていませんでした。
脳の発達状態が著しく悪かったでした。
普通の人が送る日常生活をすんなりと送ることができませんでした。
しかし絵は非常に上手く3歳のころから書き始め、たった5歳てピカソのように幾何学的な絵を描きあげたのだそうです。
イギリスのリチャード・ワウロの絵も素晴らしい。
故英首相マーガレット・サッチャーもローマ法王だったヨハネ・パウロ2世もリチャードの絵を気に入って、コレクションとして集めていました。
イギリスの天才画家スティーブン・ウイルソンの画集もまた素晴らしい。
彼は3歳のときに自閉症と診断されました。
15歳まで描いた彼の作品の画集も出版されています。
現在は、アーティスト、芸術建築家として世界中で活躍しています。

スポンサードリンク